SOTO 延長保証対象

レギュレーターストーブ

ST-310

¥6,985(通販価格)(税込)

低温の外気により、火力低下を起こしやすいCB缶の弱点をマイクロレギュレーターが解消。

外気温25℃~5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮します。

また、連続使用によるドロップダウンの影響を受けにくいマイクロレギュレーターの特性に加え、大きなゴトクを装備することで数人分の料理もこなすことができます。

日本製

数量:
本製品に関するお問い合わせはこちら
PS LPGマーク取得済品

オンラインストア限定〜延長保証のご案内〜

オンラインストアからの購入限定!
会員登録で通常の保証期間を1年延長します!

※保証の無い製品につきましては対象外となります

初心者からプロフェッショナルまで安心して使えて、厳しい環境下でも頼りになる高い品質とユーザビリティを兼ね備えたシングルバーナーを作りたい、そんなモノづくりの情熱が「ST-310」の原点です。

目指したのは、山でも使えるような高い品質。登山中にバーナーが使えなくなると、食べ物や水が取れない事態に陥り、極論、命の危機に直結してしまいます。だから、壊れにくく、軽く、精緻なバーナーが山には必要なのです。“大は小を兼ねる”という言葉がありますが、山で使えるものは、当然キャンプなどの平地でも使えます。

障壁となったのは、従来のバーナーが持っていた構造的な問題です。一般的なバーナーを冬山のような低気温下で使用すると、ガス圧が下がってしまうせいで火力どころか、着火さえできませんでした。その改善策として、目をつけたのがレギュレーターです。「ST-310」では、ガスを減圧するレギュレーターを器具の内部に入れて小さくする、マイクロレギュレーターを開発・採用しています。

一般的には、シングルバーナーと呼ばれるこのプロダクト。その名の通り、ガスの出力量を調整するためのレギュレーター をバーナーに組み込むことで火力の繊細なコントロールを可能にしました。

家庭用カセットコンロでおなじみのカセットボンベであるガス缶のCB缶は、低温環境で火力低下を起こしやすいという特徴があります。本当に火を必要とするシーンにこそバーナーが活躍できるようできないか? 製品開発部がアイデアを出してCB缶の弱点を克服するため内部にマイクロレギュレーターをプロダクトに組み込みました。

レギュレーターストーブでは、一般的には、外気温10℃以上の環境を推奨とするシングルバーナーが多いなか、5℃以上であれば、安定した火力を発揮します。

連続使用しても火力が落ちにくいため、料理を楽しみたいキャンプシーンで、調理から湯沸かしと活躍。コンパクトなサイズも含めてアウトドアシーンで重宝する調理用バーナーです。

マイクロレギュレーターの細やかな構造には、一つひとつのパーツを高い精度でつくることが必要不可欠。僅かな誤差でもガスの出力が増減してしまうので、その加工精度は0.1mm以下に及びます。僅かな誤差でも、ガスの出力が増減してしまう世界です。

この調整が開発の中で一番苦労したポイントでした。生産ラインの見直しにはじまり、職人から検品する人に至るまで、全スタッフがチーム一丸となって、精密機械を扱うために埃一つでも残さぬよう、顕微鏡を使ったパーツの全数検査を必須作業としました。そして、生まれたのが、低気温下でも火力をキープできる「ST-310」です。

燃料は、高出力のOD缶ではなく、誰もが簡単に入手できるCB缶を採用しました。燃料は変えずとも、器具を改善することでアウトドアの可能性を広げたい、という思いが結実しました。

SOTOのバーナーの代名詞になっている、この独特なフォルムはもともと蜘蛛を模しています。ゴトクのこの安定感と、合理性だけでは測れない美しさこそ当時のデザイナーが意図したもの。安定感と安心感、他にはないフォルムの魅力を感じてもらえれば嬉しいです。

ゴトクには安全面からステンレスを使用。鉄やクロムメッキ素材とは違い、熱の伝導性が高くない素材なので、使用直後にゴトクの足元触っても火傷しづらいのです。急な雨等により撤収する時にも安心です。また、熱からOB缶を守る役割を果たす金属の遮熱板もステンレス製。鍋底に当たった火が跳ね返ってボンベを加熱するのを防ぐためのフラップ板です。


新富士バーナーは、創業以来、炎のエンジニアリングに取り組んでいます。製品ごとに求められるシーンにあった設計をすることを社内では、“炎をデザインする”と呼んでいます。

「ST-310」では、火が出てくるバーナーヘッドに、満遍なく穴が空いています。一般的なバーナーに多いドーナツ型の火口に比べて、「全炎孔型火口」では、ムラなく鍋底を加熱することができます。また、バーナーヘッドをドーム型の形状にすることで、ダルマのような形状の柔らかい炎が立ち上り、鍋底全体に火が優しく当たります。レギュレーター機能と相まって、とろ火が得意なバーナーです。弱火で一定時間加熱する工程が必要な繊細な炊飯にも適したプロダクトです。

着火のしやすさでは、構造にひと手間加えました。ガスを炎に変えるための火花を飛ばす発電装置がバーナーヘッド中央にせり出し、点火率を飛躍的に高めています。さらに、発電線を銅管内に収めることで、壊れやすい発電線を保護しています。

安定していて、機能的で、使いやすく、壊れにくい。各所のディテールを追い求めた結果、機能美と言えるような美しいデザインが「ST-310」には宿っているのです。

お湯を沸かしたり、ご飯を作ったり温めたりと、登山でもキャンプでも調理用バーナーは重要な道具です。

「ST-310」は、楽しい登山やキャンプに欠かせない、美味しいご飯を作るのにうってつけです。。というのも、優しい炎が立ち上るので、鍋底全体を加熱する必要がある炒め物や炊飯に最適です。ぴったりだから。ユーザーからは、鍋の中心ばかりを加熱するバーナーよりも焦げるリスクが少なく使いやすいとお声をいただきました。例えば、他社製品で採用されているバーナーヘッドの多くは、鋭い炎だから鍋の中心ばかりを加熱してしまい、炒め物が焦げてしまうなんてことも……。

調理器具のサイズとしては、1~4人分くらいが適当です。ソロキャンプはもちろん、家族や友達とのグループキャンプでもお使いください。

夏場はもちろん、冬のキャンプ場など外気温が5℃を下回らないアウトドアフィールドで活躍します。この数値は、あくまで基準値なので、使う際には実際の環境を考慮してください。5℃以下での使用例もありますが、氷点下を下回るような場所では、火力が弱くなるのでご注意を。

また、災害時にも頼りになるのがシングルバーナーです。実際に、東日本大震災の時には、このレギュレーターストーブが、すごく重宝したという声を頂戴しました。

当時、被災地はかなり冷え込み、通常のコンロでは使い物にならないという状況の中、炊き出しなど色々な場面で活躍したそうです。登山やキャンプグッズは、防災グッズとしても使えることが多いですが、このレギュレーターストーブもその中の一つとしてご利用頂けます。

製品サイズ(WxDxH)

外形寸法
幅166×奥行142×高さ110mm(使用時/本体のみ)
幅140×奥行70×高さ110mm(収納時)

重量 330g
材質 バーナー/器具栓つまみ/ゴトク:ステンレス
ボンベホルダー/点火スイッチ:樹脂
原産国 日本
保証書
発熱量 2.9kW(2,500kcal/h)
 ※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出
使用時間 約1.5時間(ST-760を1本使用した場合)
 ※気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出
使用燃料 SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式 圧電点火方式
付属品 収納ポーチ
備考 ボンベは別売です。
屋外使用専用です。
取扱説明書 st-310_manual.pdf
JANコード 4953571073101

全国一律550円。お買い上げ金額5,000円(税込)以上の場合は送料無料とさせていただきます。

土日祝を除く平日に発送いたします。

商品価格 ¥6,985(税込)

最近見た商品